皆さまは、ドローンという単語からどのようなものを思い浮かべますか?

プロペラが何個か付いている形のラジコンをイメージする方が多いかもしれません。最近は「ドローンタクシー」「水中ドローン」など、ドローンと呼ばれるものが次々と登場してきています。本書では、航空法という法律で定義された「無人航空機」を「ドローン」とします。

ドローンは航空法で飛行許可申請が必要です。航空法というのはざっくり言うと、空の安全を保つためのルール(法律)です。

ドローンは人が乗ることができない構造の空を飛ぶラジコン

ドローンは人が乗ることができない構造の、空を飛ぶことができるラジコンです。ラジコンというのは、コントローラで遠隔操作することです。コントローラのスティックを操作して、ドローンを上下左右前後に移動させます。

コントローラでの操作以外に、アプリやプログラムで自動的に操縦できるものもドローンと呼びます。ドローンの形はプロペラが何個か付いているものをイメージすることが多いかもしれませんが、特にそのような決まりはありません。人が乗ることができない構造であれば、飛行機の形をしていても、虫の形をしていてもドローンです。

ドローンの重さは200グラム以上であること

ドローンの重さは200グラム以上(200グラムも含みます)であることが条件です。200グラム未満のものはドローンではなく、飛行許可申請には関係ありません。厳密にいうと関係あるのですが、少し難しいのでここでは触れないことにします。

ここでの「重さ」はドローン本体とバッテリーの重さの合計です。バッテリー以外の取り外し可能な付属品は、この重さに含まれません。

例えば、ドローンのプロペラが周囲に直接当たって被害が出ることを防ぐためにプロペラをガードする「プロペラガード」や、プロペラ全体を覆う「プロペラゲージ」などが取り外し可能な付属品です。これらの重さは、200グラムには含まれません。これは飛行許可申請がそもそも必要なのか、不要なのかを判断するための大事な情報なので、必ず覚えるようにしましょう。身近なものだと、ソフトボールや玉ねぎが大体200グラムです。

※今後は法律が変わり、100グラム以上が本サイトでいうところのドローンになる予定です。法律が変わった後は、本サイトの「200グラム」を全て「100グラム」に読み替えれば大丈夫です。